能代のボウリング場の爺やのブログ

欧米化 刹那主義

1956年9月にこの世に生を受け62年毎年毎年、物価も給与所得も上がり続ける時代に育っていた。母に連れられて初めて入った忠実屋という店・・・・・いつもお菓子屋さんで定価10円で買っていたチューインガムが8円・・・・・東京都の人口が1000万人を超えたのもそのころ一度入社したら定年まで勤めあげる終身雇用に守られ年齢給も右肩上がりサラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ~と植木等が歌う時代。少しずつ、少しずつ・・・・・...